カテゴリー別アーカイブ: html

W3C Validator

作成したサイトのHTML文法がW3Cのルールに従って、記述されているか、確認をするため、バリデーションチェックをします。

W3C Markup Validation Service

方法としては、
・方法1: URLを入力し、検証する。
・方法2: HTMLソースをファイルとして、アップロードし、検証する。
・方法3: HTMLソースをコピー&ペーストして、検証する。
の3つがあります。

一番簡単であるのは、方法1のURLを入力し、検証を行う方法ですが、同じURLでPCサイトとモバイルサイトをユーザーエージェントで切り替えしている場合、PCサイトの検証を行うことは出来ますが、モバイルサイトの検証を行うことが出来ません。この場合は、方法2または3で対応することになります。

しかし、静的なHTMLの場合は良いですが、動的なサイトの場合、いちいち各ページをHTML化したり、コピー&ペーストするのは、面倒です。この場合、とっておきの方法があります。

それは、FireFoxのアドオン”W3C Valitator”を使用することです。

FireFox上で現在を表示しているページの検証が行えるアドオンで、”UserAgent Switcher”等でスマートフォンのユーザーエージェントに切り替えた後に、
このアドオン”W3C Valitator”を使用することで検証を行うことが出来ます。

Html Validator / Firefoxアドオン

サイトのvalidator.w3.orgと同じアルゴリズムを使用しているため、検証結果は、同じです。